MENU

映画「青くて痛くて脆い」の動画を無料で見るには?配信サービスを一挙紹介

青くて痛くて脆いの無料動画

吉沢亮と杉咲花のダブル主演で話題となった映画「青くて痛くて脆い」が無料で観れる動画配信サイトについて解説していきます。

映画「青くて痛くて脆い」は、実写とアニメでリメイクされた「君の膵臓をたべたい」の原作者・住野よるが手がけた青春サスペンスストーリーです。

公開されている予告編では、キラキラとした青春映画のように仕上がっていますが、中盤から突如、映画の雰囲気が変わり、歪んだ空気感が漂っていました。

実際のストーリーは、物語中盤から二転三転と意外な展開を見せてくれているので、最後までドキドキした緊迫感を楽しめることでしょう。

そんな映画「青くて痛くて脆い」は、多くの動画配信サイトで視聴可能です。

無料トライアルなどのキャンペーンを利用すれば、完全無料で映画「青くて痛くて脆い」が観れるサイトもあるので、あらすじやキャスト、相関図、ネタバレありの考察と一緒にチェックしてみましょう。

目次

映画「青くて痛くて脆い」の動画を無料で視聴するならどの配信サービス?

青くて痛くて脆いの公式サイト

映画「青くて痛くて脆い」の動画を無料で観るなら、動画配信サイトを利用しましょう。

日本国内で提供されている動画配信サイトと映画「青くて痛くて脆い」の配信状況をまとめていきます。

サービス名 青くて痛くて脆いの配信 青くて痛くて脆いの無料視聴 月額料金(税込) 無料トライアル
Hulu 1,026円 2週間
TELASA × 618円 2週間
dTV × 550円 30日間
U-NEXT × × 2,189円 31日間
Netflix 990円〜 ×
Amazon Prime Video × 500円 30日間
FOD × × 976円 2週間
dアニメストア × × 440円 30日間
Rakuten TV × 2,149円 31日間
クランクインビデオ 990円 14日間

「青くて痛くて脆い」はHuluで見れる

Huluの公式サイトキャプチャ

映画「青くて痛くて脆い」は、Huluの見放題コンテンツとして配信中です。

見放題動画なので、初回限定の「無料トライアル」に加入すれば、映画「青くて痛くて脆い」の無料動画が利用できます。

映画「青くて痛くて脆い」のような邦画ミステリーなども多くあり、全て無料トライアル期間中に見放題なので、Huluの特徴について見ていきましょう。

Huluの特徴

  • 配信スケジュールが決められているライブTVが利用可能
  • 100,000本以上のジャンルコンテンツが利用できる
  • 放送中の最新ドラマがどこよりも早く配信されたりスピンオフ作品が配信されたりしている
  • Huluオリジナル作品が充実している
\2週間無料で視聴可能/

「青くて痛くて脆い」はTSUTAYA DISCASで見れる?

tsutayadiscasの公式サイトキャプチャ

映画「青くて痛くて脆い」は、TSUTAYA DISCASで配信中です。

TSUTAYA DISCASの「宅配レンタル定額8プラン」の無料トライアルに登録すれば、映画「青くて痛くて脆い」の無料動画が見れます。

映画「青くて痛くて脆い」以外にも、35万作以上の取り扱い動画があり、30日間見放題となっているので、TSUTAYA DISCASの特徴を見ていきましょう。

TSUTAYA DISCAS

  • 国内最大級のDVDレンタルサービスTSUTAYAのサービスなのでマイナー作品などもたくさん取り揃えがある
  • DVDやブルーレイを借りれるのでネット回線がなくても利用可能
  • 新作・準新作は枚数制限があるものの、旧作であれば見放題
  • ユーザーレビューがついているので、周りの評価を参考にできる
  • CDを借りることが可能
\30日間見放題/

「青くて痛くて脆い」の映画はU-NEXTでの配信なしだが原作小説が読める

U-NEXTの公式サイトのキャプチャ

映画「青くて痛くて脆い」は、U-NEXTで配信されていません。

ただ、映画「青くて痛くて脆い」の原作小説である住野よるによる小説「青くて痛くて脆い」は、配信されています。

さらに、2022年5月時点で、小説「青くて痛くて脆い」は、1冊無料の対象となっていて、無料トライアルや月額会員でなくても、専用アプリをダウンロードすれば、誰でも読むことが可能です。

映画「青くて痛くて脆い」は、残念ながら配信されていませんが、今後配信される可能性はあるので、U-NEXTの特徴についてみていきましょう。

U-NEXTの特徴

  • 他の動画配信サービスと比較すると月額料金は高めだがコンテンツが充実しているので、満足度・コスパは最強
  • 動画コンテンツ以外に、「音楽」「書籍」「雑誌」が利用可能
  • 無料トライアル期間は、動画配信サイトの中でも最長で、さらに600円(税込)相当のポイントが付与される
  • 動画をダウンロードできるので、オフライン再生ができる
  • U-NEXT独占配信や、オリジナル配信作品がたくさんある
\無料トライアルあり/

「青くて痛くて脆い」はNetflixで配信!無料トライアルはなし

Netflixの公式サイトキャプチャ

映画「青くて痛くて脆い」は、Netflixで配信中です。

Netflixの月額会員であれば、映画「青くて痛くて脆い」が視聴できるのですが、他の動画配信サイトと異なり、Netflixには、無料トライアルがありません。

そのため、完全無料で映画「青くて痛くて脆い」を視聴する方法はないのです。

ただ、Netflixには、990円(税込)〜1,980円(税込)の間でプランを選択できるので、最安値の990円(税込)のベーシックプランに1ヶ月だけ加入すれば、他の作品と一緒に、映画「青くて痛くて脆い」を楽しむことができます。

ということで、Netflixの特徴について見ていきましょう。

Netflixの特徴

  • オリジナルコンテンツが充実していて、人気度も高い
  • 世界最大規模のユーザー数を誇っているので信頼できる
  • ユーザーの視聴履歴に合わせてカスタムしたおすすめをしてくれる
  • 音声と字幕を自由に選択できるので言語の勉強になる

映画「青くて痛くて脆い」のあらすじを簡単に解説

主人公・田端楓は、コミュニケーション下手でいつも他人と一定の距離を置いている男子大学生。

そんな田端は、周りの空気を読まずに自分の掲げる理想に向かってまっしぐらになる浮き気味な女子大学生・秋好寿乃と出会います。

別の理由でひとりぼっちになっていた大学生2人は「この世界を変える」というビッグな目標を掲げて秘密結社サークル「モアイ」を立ち上げます。

しかし、秋好は「この世界」からいなくなってしまうのでした。

それからというもの、モアイは、人脈作りや就活のために企業への媚び売りを目的とした「意識高い系」の就活サークルに姿を変えてしまいます。

そんなモアイの変貌ぶりを目の当たりにした田端は、秋好が掲げる「世界を変える」という夢を取り戻すため、周りの人間を巻き込んで「モアイ奪還計画」を企てるのですが…。

映画「青くて痛くて脆い」のキャストと相関図

映画「青くて痛くて脆い」のキャストと相関図について見ていきましょう。

登場人物 役どころ キャスト
田端楓 コミュニケーション下手な男子大学生。秋好と出会い秘密結社「モアイ」を立ち上げますが、秋好が「この世界」からいなくなってしまったこと、モアイの存在する目的が変わってしまったことに納得がいかず、ある計画を企てます。 吉沢亮
秋好寿乃 揺るぎない信念と理想を掲げていて空気の読めない発言を繰り返すので浮いた存在の女子大学生。秘密結社「モアイ」を立ち上げますが、ある日突然、田端の前からいなくなってしまいます。 杉咲花
前川薫介 田端の親友。秘密結社「モアイ」を潰し、奪還するための計画に加担します。 岡山天音
本田朝美(ポンちゃん) モアイの幽霊部員。薫介のゼミの後輩で、薫介から密かに思いを寄せられています。一見周りに流されながら生きているように見えますが、実は誰よりも視野が広く冷静な人生設計をすることができます。 松本穂香
天野巧(テン) 秋良が「この世界」からいなくなってからモアイを仕切ることになった男子大学生。「世界を変える」目的のモアイが「就活サークル」に成り下がった元凶でもあり、裏ではモアイに入部した女の子と遊んでいる噂なども絶えません。 清水尋也
西山瑞希 田端と秋好がモアイの活動中に出会う不登校の少女。モアイとしての活動において、やりがいを感じられる出会いとなります。 森七菜

      ネタバレあり「青くて痛くて脆い」の映画考察

      ここからは、映画「青くて痛くて脆い」をネタバレありで考察していきます。

      物語の重要な部分に触れていくので、未鑑賞の人は注意してください。

      「この世界」からいなくなった秋好は、死んでしまった?

      予告編を見ていると、秋好が死んでしまったようにも映りますが、秋好は、死んだりしていません。

      田端と同じ大学にいて、モアイサークルとしても継続して活動しているのです。

      コミュニケーション下手な田端と空気の読めない発言を繰り返す秋好は、それぞれ違った理由で孤立していたところ、「モアイ」を結成し、ふたりだけの夢を膨らませていきます。

      しかし、モアイがサークルとして規模が拡大したり、秋好に大学院生の彼氏ができたりしたことで、環境の変化においていかれてしまった田端は、自らモアイを辞める決断をするのでした。

      田端の変化に気づいていた秋好は、心配する声をかけたり、モアイの方向性なども積極的に相談しますが、田端はすでに心を閉ざしてしまったので、ふたりが分かり合うことは叶わなくなってしまったのです。

      つまり、この作品で言われている「いなくなった秋好」、田端のいう「この世界からいなくなった」というのは、全て田端視点のもの。

      田端が心地よく感じていた環境がなくなり、自分に興味関心を持ってくれていた秋好がいなくなってしまったことで、「この世界(=自分の人生)からいなくなった」と言っていたことになります。

      そして、この環境と秋好の変化が、田端にとってフラストレーションとなり、「モアイ奪還計画」の引き金となってしまうのでした。

      田端と秋良の溝を生んだ根本的な違いとは?

      映画「青くて痛くて脆い」を鑑賞した人の多くが「田端が理解できない」「田端がクズ人間」などの田端の人間性を強く非難する感想が多く寄せられました。

      とはいえ「田端をダメな人間」として片付けてしまえるのでしょうか。

      確かに物語終盤で、田端の暴走により秋好は、ネットの公開処刑となり、大きな損害を被ることになり、やり方が残虐すぎます。

      ただ田端をここまでのモンスターにしてしまったのは、「コミュニケーション不足」にあります。

      特に日本人は、「空気を読む」「相手の感情を汲み取る」コミュニケーション方法を取ることが一般的で、田端と同じなのです。

      一方、秋好は、思ったことを包み隠さずに発するコミュニケーションを取るため、田端とコミュニケーション不足が生じてしまったのです。

      「空気で感じ取ってほしい田端」と「言葉にして理解し合いたい秋好」の違いがあり、コミュニケーションの大切さが感じられます。

      田端が大きくなったモアイに属している未来も、恋人ができた秋好と友達として絆を深め続ける未来もあり得たのですが、コミュニケーション不足が全てを壊してしまったのです。

      「青くて痛くて脆い」の映画はつまらない?評価をチェック

      映画「青くて痛くて脆い」を見た人の感想を見ていきましょう。

      映画「青くて痛くて脆い」を見た人のTwitterでの感想

      • よくある感動系の青春映画とは違った
      • 吉沢亮と杉咲花の演技力が高い
      • 最初と最後でキャラクターの見え方が大きく異なる構成がすごい

      映画「青くて痛くて脆い」がつまらないと言われているのはぜ?

      映画レビューサイトなどを見ると、「つまらなかった」と評価している人が一定数いるようです。

      予告編と本編は、ガラリとイメージが変わる点に理由があると考えられます。

      というのも、予告編を見た限り「主人公・田端は、一緒に秘密結社モアイを立ち上げた秋好のために復讐をする」ように描かれていて、多くの視聴者が、田端のことを善人や英雄的な存在であると想定するのが一般的です。

      しかし、実際は、田端の人間力の乏しさから周りの人間を巻き込み、がんばっている人の人生を壊してしまうストーリーなので、そのギャップに納得のいかなかった人も多いような印象を受けました。

      ただ、「青くて痛くて脆い」というタイトルと、「もう一度ちゃんと傷つけ」という最後の田端の思いから分かる通り、この映画は、未熟な青年の成長物語なのです。

      人と向き合うことの難しさ、人に傷つけられることの痛み、人を傷つけてしまうことの容易さを知り、学び、大人になっていく成長が描かれている立派な青春映画としては、魅力的とも言えるでしょう。

      映画「青くて痛くて脆い」は動画配信サービスで視聴可能!

      この記事では、映画「青くて痛くて脆い」を配信している動画配信サービスと作品概要についてご紹介しました。

      多くの動画配信サービスで映画「青くて痛くて脆い」が配信されていて、無料トライアルを利用すれば、無料動画が見られるチャンスもあることが分かりました。

      また、無料トライアルをした場合は、映画「青くて痛くて脆い」以外にも映画、ドラマ、アニメが見放題で、各サービスごとに特徴があります。

      ぜひ、気になる動画配信サービスで、映画「青くて痛くて脆い」をチェックしてみてください。

      よかったらシェアしてね!
      目次
      閉じる